光と影を楽しむ器

一昨日は、先日フタをご紹介した土鍋の本体をろくろでひいてきました。

練り込みって、端を落としたり、余分を切ったりで、かなり土があまるんですね。
その余った土に足りないぶんを足して、土鍋赤土と土鍋白土を混ぜた粘土でひきました。

先生が写真を撮ってくださって、自分のろくろ挽きを久しぶりに客観的に見たのですが、

IMG_2972

おおお、手つきがそれっぽい!

これは形を作る前に、土を上に引き上げているところなんですが、それがずっと苦手でして、手の形がなってなかったんです。
それが割とできるようになっていました。

まあ、大物ってすごく難しいので、それ以外はかなり先生に手伝っていただきましたが……笑

 

で、できあがったのがこちらです。

IMG_2986

土鍋っぽいですねー! 土鍋なんですけどね。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email

「土鍋本体のろくろ挽き」の目次

同じカテゴリの新着記事