光と影を楽しむ器

いつかがなんか言ってますが、私はまだまだ走っていますよ!

……正直に言えば、燃え尽き症候群の香りはしていました。
というか、追い込み作業のせいで自分が練込を、ひいては
陶芸をあまり好きではなくなってしまったのではないかとの危惧が捨てきれず。

杞憂でした。
作業前日から、「なににも追われずに練込できる!」とわくわくして
一気に作業してきました。ものすごい楽しいです。どこまでも走れる。

ちなみに、陶芸教室に行く前の午後の時間は
商品データを整えたり説明プレートを作りなおしたりなど
普通に出店準備やる気まんまんでした。
燃え尽き症候群の香りとやらはどこへ行ったのでしょうか。

 

さて、先日ご紹介した石膏型ですね、あれを使って、
ひょうたん型のお皿を作っています。
ロゴのデザインコンセプトは別にひょうたんではないのですが、
もう便宜上ひょうたんってことにしておきます)

勢い込んで、一気に3色の色土を用意。
ここまでが1日目ですね。

IMG_2692

だいたいのひょうたん型にしたら(適当)、

IMG_2698

例の凹型の石膏型にIN!(なんとまあピッタリ)

IMG_2705

ちなみに、これは「貼り込み」という手法です。

長くなってきたので省きますが、これをこうしてこうです。

IMG_2706 IMG_2707 IMG_2708

 

実はいつもと逆凹凸の石膏型ということで、ちょっとした壁がありましたが
割と大騒動でしたので記事を分けますね。
しかし、練込は楽しすぎるなぁ!

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email

「ひょうたん皿の制作開始」の目次

同じカテゴリの新着記事