この記事は古いサイトからの移行です。

テンションやキャラが違っても大目に見てくださいね。

昨日のこと。

鍋が、飛びました。

今回作っている土鍋は炭化還元焼成の釜に入れたいため、
月曜の素焼きに間に合わせる必要があったんですね。

ただ、先日書いたとおりろくろでひいた本体
やわらかすぎて削れる状態じゃなかった。
ので、昨日削っていたんですね。
あとちょっと変わった取っ手をつけて。

しかし、昨日の削りで自然乾燥じゃ、月曜に間に合わない!
というわけで、ろくろに乗せてドライヤーで乾かしていたんです。

そしたらですよ。

速度を調整するペダルを思いっきり踏み込んでしまいまして……
ようするに、超高速回転ですよ。

吹っ飛んでいく土鍋。
思いっきり外れる取っ手。
いつも一緒に作業している優しい会員さんすら
飛んできてくれたほどの大惨事。

土鍋本体の方は、縁が一部5ミリほど欠けたものの、
なんとか形を保っていました。よかった……
見えないヒビがいってる可能性は存分にありますが。

この時点で時間はかなり差し迫っていたのですが、
無理を言って取っ手を付け直させてもらいました。

両方ともかなり乾燥している状態だったので、
うまく付くかどうか……

あまりの大惨事に、今日は写真がありません。
思わぬところで失敗の香りを見せる土鍋、
果たして今後どうなるのか!

カテゴリー: 制作風景陶芸

1件のコメント

練り込み土鍋の釉掛け < 制作風景 | うたかたファクトリー · 2014/11/28 05:30

[…] 練り込み土鍋、とうとう本焼き準備をしましたよ。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です