光と影を楽しむ器

今日は工房でちょっと暇を持て余す時間がありまして、
考えてみたら、にゃん香炉のセットにするお香立てを
作ってなかったなぁ、と思い立ちました。

ので、量産。

お香立て(丸)

白土です。13個も作ってしまいました。
そんなに本体作れるのかな……

汚く見えますが、このあと乾燥させたら
あるていど綺麗に削ります。

 

ついでと言ってはなんですが、実用的には使い途が多そうな
スティックタイプ用も8個。

お香立て(長)

こちらは、印花(陶器のスタンプ)のボーダーがポイントです。
普段やっている磁土練込は、手間的にお高くなってしまうんですが
彼らはプチプライスでご提供できるんじゃないかなー、と。

こちらもまだ汚いですが、乾燥させたら削ります。

 

焼き上がったらまたご紹介しますね。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email

「お香立て、続々。」の目次

同じカテゴリの新着記事