光と影を楽しむ器

割と本職の納期が差し迫っていて
余裕のないナギサです。こんばんは。
今日なんか、陶芸返上して作業ですよ。この私が。ありえない。

閑話休題。

先日の手作り市にご来場いただいて
写真を撮らせていただいた方に、
焼き増し(って今言わないですよね、そういえば)を
お渡ししようと思って。

一緒に添えるお礼状を作りました。

Exif_JPEG_PICTURE

秋らしく、木の実をあしらってシンプルに。
ひとこと添えても、添えなくても見れるデザインにしました。

私のデザインにしては珍しく白地なのは、
決してインクの節約とかそういうのではありません。決して。

本当はお買い上げいただいた全ての方に
ご挨拶差し上げたいところですが、展示会ならともかく
手作り市で住所書いていただくわけにもいかないですもんね。

 

ここだけの話、私は「出展」と「出店」の使い分けに悩むことが多くて。
一応使い分けてはいるのですが、「出展」が多いのはお気づきでしょうか。
普通、青空市への参加であれば、「出店」が正しいことは気付いているのです。いつかもそうだと思います。

私個人はあくまで、青空市でも「展示即売」寄りとしたいんですね。
まだまだ私たちの作品は展示にふさわしいとは言えません。
それでも、作品をご高覧いただいて、お気に召していただければ
ご購入いただく、という気持ちで(少なくとも私は)「出展」という言葉を選んでいます。

甚だしくおこがましいとは思うのですが、販売メインではないという気持ちなので
ご購入いただかなくても手にとっていただけるだけで、非常にありがたいです。

今後の出展も、ぜひお気軽に遊びに来て頂きたいと思います。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email

「お礼状・「出展」に込める想い」の目次

同じカテゴリの新着記事